なわとびのとび方解説!~初級編~

縄跳び

なわとびはスポーツのキソになる動きが学べる、非常にオススメの運動です。
その反面、学校などでみんなの前で披露する機会もある種目です。そのため出来ないとニガテ意識が強くなり、なわとびだけでなく”運動そのもの”からも離れてしまうきっかけになり得ることもまた事実です。
今回はなわとびに苦手意識を持つことを避けるため、なわとびの上手な教え方をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください!

なぜなわとびはムズカしいのか

なわとびがムズカしい理由はいくつかあります。

・不自然な動きであること(ウデを下に振りながらジャンプする)

・練習する年齢が低いので、動きを理解できない

・シッパイすると、痛みが伴う恐怖があること

・手の動き、足の動き、リズムといった要素が複合していて、シッパイした時の原因を自己分析しづらい(迷宮入りしやすい)

この「なぜムズカしいのか」を知っておくことで、子どもになわとびを教える時、子どもの心情を理解し、寄り添うことが出来ます。

それに加えて、「なわとびは両足同時に着地する動きである」というのも、実はなわとびがなかなか出来ない理由の一つです。

歩行をはじめとする日常動作の中で、実は”両足を揃えて行なう動作”は少ないです。日常動作でないということは、訓練しないと覚えにくい動作であることが言えます。両足でジャンプして、両足で着地することを覚えましょう。

両足着地の練習において、「手つなぎジャンプ」はとてもオススメです。

手つなぎジャンプをすることで、お手本となる動きがリアルタイムで視覚情報として得られますので、”両足を同時について着地する”ということを覚えやすいのでオススメです。

前とびを成功させるための練習

手つなぎジャンプの他にも、前とびを成功させるためにやっておくと良い練習はいくつかあります。

①ももタッチジャンプ

ジャンプしながらももをタッチする練習です。ジャンプの時は普通は手が上がるところ、なわとびでは逆の動き(ウデを振り下ろしてジャンプする)になります。この感覚をつかむために「ももタッチジャンプ」はとてもいい練習です。繰り返し練習してマスターしましょう!!

②川とびこし

”向かってくるなわをとびこえる練習”の前に、”止まっているなわをとびこえる練習”をしましょう。両足同時に着地できたらベストです!はしからニョロニョロと波をつくって変化をつけると、子どもは楽しんでくれます。

③小波

向かってくるなわをとびこえる練習”です。最初はヨコにジャンプしてOKです。なれてきたら真上にジャンプしてそのまま着地も練習しましょう。両足が同時に着地出来ているかもカクニンしながら練習するといいでしょう。

④大波

小波を少しずつ大きくしていきましょう。最初は大きくジャンプして避けると思います。そのうち「タイミングを合わせて小さいジャンプで避ける」練習をしましょう。少しずつなわとびのジャンプのカンカクに近づけていけるとイイですね。

前とびが出来るようになる2つのステップ

ステップ①:なわを担ぐようにかまえる

なわを「まえならえ」のシセイから回し始めるのは、最初は結構ムズカしいです。なわをとぶカンカクを養うためには、なわを回さないと始まりません。そこで、最初はなわを「担ぐように構える」回し方からでOK。なれてきたらコシの高さで手を大きくふらずに出来るようになってきます。

ステップ②:2拍子とび

リズムをなかなか覚えられない場合もあります。そんな時は、2拍子のリズムでなわをとぶ練習をしましょう。リズムを合わせる時、意外とムズカしいのは「タイミングを待ってジャンプをガマンすること」です。なので、細かくジャンプして”向かってくるなわをとびこえる”カンカクを養うのはオススメです。なれてきたら、1拍子のリズムでとべるようになってきます。

なわとびで得られる能力

なわとびを練習することで、様々な能力が鍛えられます。

①持久力

最初は特に”なわを断続的にとび続ける運動”なので、非常に多くのエネルギーを必要とします。下半身の筋持久力のみならず、練習の仕方によっては心肺機能も向上が見込めます。

②跳躍力

アキレス腱を中心とした下肢のパフォーマンスを向上させることが考えられます。もちろん走る時にも使われる部位なので、短距離走が速くなることも考えられます。

③その他の能力

他にも様々な能力が鍛えられます。用具操作が上手になったり、リズム感バランス感覚などにも良い影響を与えることでしょう。

なわとびを楽しむための注意点

見落としがちなのが、”小石が無いか”です。なわが当たって飛んできた小石がぶつかる、という事故はよく見聞きします(特になわとびをしている本人ではなく、周りの人に当たりやすいです)。なわとびをする位置は決めておいて、そこの小石はあらかじめ取り除いておきましょう。

運動しやすい靴を履いて練習しましょう。間違ってもサンダルなどで練習しないこと。思わぬケガの原因になることがあります。

適度な休憩や水分補給などもお忘れなく。安全を確保して、楽しく練習しましょう!

まとめ

いかがでしたか?

なわとびは一人だけじゃなく複数人数でやることも出来ます。社会性を学ぶ場にもなりますので、ぜひ友達と楽しんでやってみてね。その際、大なわも楽しみやすいのでオススメです。

動作の習得がなかなかスムーズに出来ない場合は、運動神経を鍛える必要があります。もしお困りの場合は、ぜひデルタスポーツまでご連絡ください!