運動神経が良い子って、どんな子?特徴7つを紹介!

運動神経

「足が速い=運動神経が良い」と思われることが多いように思います。実はこれ、必ずしもそうではないんです。では、「運動神経が良い子」って、どういう子を指すのでしょうか。今回はデルタスポーツの考える「運動神経が良い子の特徴」をご紹介します。

運動神経について

まず、先にお伝えしなければいけないのは「運動神経は遺伝しない」ということです。運動神経は、後天的に向上させることが出来ます。

そもそも運動神経は、脳と体をつなぐ導管です。「こういう風に動こう」と脳から発信された命令を筋肉に伝える役割を持っています。その意味では運動神経だけでは十分な動きはできません。脳が正しい伝令を発信して、それが運動神経によって正しく伝えられてこそ、正確でスムーズな動きはできます。その点では「脳と運動神経のセット」がしっかり発達していることが、いわゆる運動神経がいい子になるために必要と言えます。デルタスポーツでは、この「脳(運動野)と運動神経」をセットにして「運動神経系」と呼んでいます。

この運動神経系の発達度合いによって、体を思い通りに動かす能力が上下します。この能力は「コーディネーション能力」と呼ばれ、7つに分類されています。そして、運動神経系を発達させるためのトレーニングが「コーディネーショントレーニング」です。

ムズカしい言葉を並べましたが、ようするに”いわゆる運動神経”というものは運動神経系の発達度合いを示すもので、トレーニングによって後天的に鍛えることができますよ、ということです。

能力ごとに見る「運動神経の良い子」の特徴

運動神経の良さと言い換えてもよいコーディネーション能力は、上表の7つに分類されます。運動神経の良さは、この能力の総合点で評価されると言えます。

ここでは分かりやすく「この能力が優れている子は、こういう子!」という具体的な例を、能力ごとに挙げて紹介したいと思います。

連結能力:お手本を見てすぐに真似ができる

子どもはなぜ大人たちの真似をするのか? - こころの探検

連結能力は「スムーズに体を動かす」能力です。この能力が高いということは、自分の動きや人の動きをイメージする力が高いということです。そのため、人の動きを見て、それをマネするのがとても上手になります。先生のお手本を見て「こうかな?」と試してみたら出来ちゃった、となることが多いです。

リズム能力:歌に合わせてリズムよく踊れる

幼児期運動指針が大切な理由とは?ポイントや年齢別の遊び方を紹介 - teniteo[テニテオ]

リズム能力は「外部情報(リズム)に合わせて身体表現する」能力です。この能力が高いと、体をリズムよく動かせるので複雑なリズムでも高い再現性を持って身体で表現できます。TVの前で踊っているお子様がいたら、その動きがリズムに合っているか注目してみましょう。

バランス能力:不安定な場所でもフラつきにくい

子どもが体操を始めるなら幼児期からが一番ふさわしい! | LAGスポーツクラブ 公式ホームページ

バランス能力は「体勢や姿勢をコントロールする」能力です。この能力が高いと、バランスが崩れてしまっても素早く立て直すことができます。平均台が上手だったり、足場が不安定な場所でもしっかり立っていられる子は、まさにバランス能力が高いと言えるでしょう。

変換能力:素早く方向転換が出来る

子どもの目が点になりそう 大人が本気で『鬼ごっこ』をしたらこうなった – grape [グレイプ]

変換能力は「状況に合わせ、素早く方向転換する」能力です。この能力が高いと、動きの切り返しが早いので「すばしっこい」イメージになります。鬼ごっこで鬼から逃げる時に方向転換が素早いと、この能力が高いと言えますね。

反応能力:ドッヂボールで避けるのが上手

ドッジボールは危険なだけ?コロナ禍で訪れたスポーツ見直しの好機 | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

反応能力は「合図に対して素早く適切に動く」能力です。この能力が高いと、動き出しが早くなるので、来たボールを素早く正しい方向に避けることが出来ます。ドッヂボールで最後まで残っている子は、この能力が高い可能性があるのではないでしょうか。

定位能力:ボールのキャッチが上手

東京23区内でキャッチボールができる公園ってどこにあるの? | スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

定位能力は「自分と人・物との位置関係を把握する」能力です。この能力が高いと、空間把握が正確にできるので、「どれくらい奥にモノがあるのか」が分かります。ボールのキャッチが上手にできる子は、この定位能力が高い子と言えますね。

識別能力:手先が器用でモノを扱うのが上手

0~1歳の赤ちゃんが喜ぶ!買ってよかったおすすめボールおもちゃ15選 | ママびよりウェブ

識別能力は「道具を上手に操作する」能力です。この能力が高いと、ボールなどの道具を正確に扱うことができます。手先が器用な子はこの能力が高いと言えますね。

まとめ

いかがでしたか?ここで紹介したのはあくまでも例で、「一つでも当てはまれば運動神経バツグン!!」というわけではありません。

専門的な指導を受けることで、運動神経は向上させることが出来ます。ゴールデンエイジにおいて大事なのは、”今”運動ができることではなく、”将来”運動が上手になる基礎をつくることです。目先の「足が速い」「サッカーで点が取れる」などは、あまり大事なことではありません(もちろん、子どもの肯定感を育む意味で、無意味でもありません)。

出来るのであれば、専門スポーツを専攻する前に運動神経を向上させるトレーニングを、より専門的に指導してもらうことをオススメします。

もし運動神経の向上にご興味があれば、ぜひデルタスポーツにお任せください。専門性の高いコーディネーショントレーニングを、独自のカリキュラムで提供しています。お気軽にお問合せください。