ゴールデンエイジって?子どもの運動神経を伸ばすための過ごし方!

運動神経

ゴールデンエイジと言う言葉、聞いたことありますか?
カンタンに言えば、子どもの運動神経が著しく発達する時期のことです。この時期の過ごし方を間違えると、運動神経が十分に伸びないまま大人になってしまうかもしれません!?

今回は、そんなゴールデンエイジの過ごし方について解説していきます。

ゴールデンエイジってなに?

ゴールデンエイジとは何か、詳しく解説していきましょう。

上の「スキャモンの発育曲線」を見ると、どの年代にどんな能力が発達するのかが解ります。これを見てもわかる通り、運動神経が含まれる「神経系」は生まれてすぐに大きく成長し、小学生が終わることにはもうほぼ100%発育を終えます。

そして、一番しっかり伸びる時期を我々はゴールデンエイジと呼んでいます。

年齢で言うと、5~12歳(年長~小学6年生)の期間を指します。体の動かし方や動作、運動技術を短時間で覚えることができる時期です。これは、一生に一度だけのとても貴重な期間です!

ゴールデンエイジは「プレ・ゴールデンエイジ(5~9歳)」「ゴールデンエイジ(10~12歳)」の2つに分けることが出来ます。

プレ・ゴールデンエイジ(5~9歳)で神経が急激に発達し、大人の80%にまで達していることが分かります。

ゴールデンエイジ(10~12歳)で神経系の発達はほぼ100%に達します。つまり、神経系は12歳までにその発達を終えることが言えます。
この時期にさまざまな動作を経験することで脳が刺激され、運動神経も発達していきます。

ゴールデンエイジの特徴

見よう見まねですぐできてしまうのがこのゴールデンエイジの特徴です。つまり「動作習得が素早い」ということが言えます。この年齢の子どもは、初めてチャレンジする動作でも、手本を見ただけですぐできてしまうことがあります(大人の場合、動作をアタマで考えて理屈で覚えようとします)。パッと見た直感だけで動きのコツをつかんで動作を習得できるようになるのが、ゴールデンエイジの特徴です。

また、この時期に習得した動作(技術)は大人になっても忘れにくいという特徴があります。自転車の乗り方や泳ぎ方などが典型例ですが、久しぶりにやった時にも苦もなくできることが多いと思います。俗にいう「カラダが覚えている」というヤツですね。

それぞれのフェイズで何をさせるべきか

プレ・ゴールデンエイジ:様々な運動をしよう!

運動神経の基礎は、神経系が著しく発達するこの時期につくられます。
早くから特定のスポーツでトップを目指すにしても、プレ・ゴールデンエイジに様々な運動を体験させることが大切です。

プレ・ゴールデンエイジでは運動の種類・量を増やし、運動の基本をしっかり身に付けることが大事です。次にくるゴールデンエイジに備えましょう。

ゴールデンエイジ:特定スポーツを複数経験しよう

ゴールデンエイジになると、特定のスポーツの特性を理解して意識的に取り組むことが大事になります。憧れの選手やライバルが現れるのもこの時期です。ゴールデンエイジまでに、夢中になれたり楽しくて仕方ないスポーツが見つけられるといいですね。

しかし、ゴールデンエイジから特定のスポーツに専念すべきということではありません
一つのスポーツに本格的に取り組みつつ、他のスポーツを体験する機会があれば積極的に利用しましょう。可能であれば、取り組んでいるスポーツとは特徴の違うスポーツがおすすめです。

例えば、テニス+バレー。運動量が多く、いろんな方向に動き回るのがテニスの競技特性の一つです。しかし、「ジャンプ動作」だけが特性として少ないと言えます。ジャンプ動作の多いバレーを同時に習ってみたり、イベントに参加して体験したりすると良いでしょう。結果的に、専攻しているテニスに活きてきます。

他にもゴルフ+バスケ。ゴルフは止まっている球をしっかりコントロールするという極めて「静的」なスポーツで、モノを扱う能力が高く求められます。他方で他人とのコンタクトや切り返しなどの「動的」な要素がないため、そういった点をバスケで補強できるといいですね。

2つのフェイズに共通して言えること

「今はゴールデンエイジだから〇〇しろ」「いろいろなスポーツをしろ」と子どもに言い聞かせても、全くピンとこないでしょう。この2つの時期を有意義に過ごすには、大人(親)の関わり方が重要です。

カンタンに子どもを誘導できるのが「遊び」です!特に鬼ごっこ、けんけんぱ、缶蹴りなどの”昔遊び”には運動神経を磨く要素が詰まっています。こういった遊びの中で無意識のうちに運動神経が発達していきます。

ただ、こういった遊びを子どもが出来る環境がなかなかないのが今の時代です。子どもの外遊び減少については、別のコラムで原因などにもふれています。ぜひご覧ください。

そこで大事になってくるのが、コーディネーショントレーニングです。

コーディネーショントレーニングって?

運動神経は、脳から全身の筋肉に命令を送る時に通る神経のことです。つまり、純然たるカラダの器官です。「うちの子は運動神経ないから・・・」ということはありません。みんな持っています
ただし運動神経(+脳の運動野)の発達度合いは人それぞれ異なりますが、その度合いによりいわゆる運動神経の良し悪しが決まってきます。
その発達度合いで変わる、体を思い通りに動かすための7つの能力を「コーディネーション能力と言います。

例えば、筋力があって「足が速い」とか「高くジャンプできる」子どもでも、それだけでは運動神経がいいとは言えません。あくまでも筋力差(発育度合いの差)であるという可能性もあります。
筋力も瞬発力もスポーツでは必要な能力ですが、それらがコーディネート(協調)」されて「なめらかで」「たくみ」な動作ができるようになってはじめて、「運動神経がいい」と周囲から言われるようになります。それこそがコーディネーション能力が高いという状態ですね。

そして、コーディネーション能力を高めるためのトレーニングがコーディネーショントレーニングです。

コーディネーショントレーニングは、簡単に言ってしまえば運動神経を磨くためのトレーニングです。欧米やプロスポーツの現場ではかなり取り入れられています。
コーディネーショントレーニングでは、複数の動きを同時に行うので、神経系が刺激され活性化します。
コーディネーショントレーニングで、多彩な動きを経験し、体全体を器用に動かすためのベースとなる「なめらかさ」「たくみさ」が身に付きます。

まとめ

ゴールデンエイジは一生に一度です。この時期に正しいトレーニングをしないと、子どもの運動神経はうまく向上せず、運動がニガテになってしまいます。そうならないためにも、ぜひ専門的な指導を受けることをオススメします。

デルタスポーツでは、コーディネーショントレーニングをより専門的に指導しています。子どもの段階に合わせた種目の選定など、運動神経を向上させるための方法を実践しています。

興味のある方は、ぜひ一度お気軽にご連絡ください!